MOY Paris jewerly is carefully fabricated in our Parisian atelier from 2016

ABOUT

 

 

MOY Paris was founded by japanese designer Yasco Otomo in 2016.

Yasco Otomo settled in Paris in 2002 after working as a stylist and costume designer in Tokyo for more than 20 years. She has worked with William Forsythe and Josef Nadj as a costume designer, and as a coordinator for Vogue Japan and Elle Japon between 2006 and 2016. From 2008 till 2018 Yasco’s street-style photographs are a monthly feature on the Vogue Japan website.

The brand name MOY is a combination of letters from Yasco’s surname OTOMO and her initial Y.

Yasco Otomo crafts jewellery from Japanese cotton pearls made from pearl-coated compressed cotton – her favorite and principal material. Yasco Otomo loves creating big, light jewellery.  MOY necklace designs look bulky but are wondrously light.

MOY Paris pieces are meticulously produced by hand in her Parisian atelier.

Yasco Otomo is delighted to present her collection of jewellery – it’s dandelion-light!

MOY Paris (モイパリ)について

 

東京でスタイリスト、衣装デザイナーとして20年の経験を経て、2002年からパリ在住の大友靖子が2016年に立ち上げたアクセサリーブランド。

 

パリでもスタイリスト、衣装デザイナーとしての活動をベースに、VOGUE やELLE など日本の雑誌のコーディネーターやバイイングアテンドなど、ファッションで日本とフランスをつなぐ仕事へ活動の幅を広げ、2018年1月まで、およそ10年ほど毎月VOGUE Japanのサイトのためにパリジェンヌスナップを撮っていた。

 

デザイナーOTOMO Yasco の名前の真ん中の文字 MOY をブランド名にしたのは自分の真ん中にあって、目立たつことはなくともずっと大切にしてきた、ものづくりへの思いをきちんと形にしていきたいという想いから。

 

スタイリスト、衣装デザイナーとして、気に入ったものをまとう時に内側から湧きあがる喜びや、自分らしさを見つけた時に輝くオーラなどを大切にしてきた大友靖子が、2015年に日本製のコットンパールという素材に出会い、その軽さ、清楚な美しさをぜひヨーロッパに紹介したいとの熱い思いから生まれたモイパリは、フォトジェニックで大胆なデザインと大人のための着け心地にこだわりパリ、北マレのアトリエで作られている。